日々のこと

ざっくりリネンで方眼編みバッグ

近所のスーパーに、リサイクルごみ処分のコーナーができました。お店の営業時間内ならばいつでも持っていくことができます。

私の住んでいる地区は、新聞、ペットボトル、ビン、缶などは月に1回しか収集日が来ないので、ついたまってしまい不便だと思っていました。なので、とてもいいことだな〜と嬉しく思います。そのお店でお買い物することも増えそうです。

買い物するときに、処分するものも気軽に持って行けるよう、適度な大きさのバッグが欲しくなりました。ビニール袋はできたら使いたくないなと思ったりして。使うたびにじゃぶじゃぶ洗えて、口も絞れたほうがいいし、軽いほうがいいなとか、妄想は膨らんで。

今日、やっと編みました。かなりざっくりとしたリネンの糸で、糸をかける左指がちょっと痛くなってしまいましたが。

大きさは、持ち手を含まない高さが42cm、幅が44cmです。かなり大きめですね。

ポケットは実用性はないですけど、好きなのでつけました。 口にひもを通して、必要なときは絞れるようにしました。中身が見えたほうが、きっと早く持って行くだろうと期待を込めて方眼編み。バッグ自体が軽くなるのもいいですね。

ざくざくと編みながら、今ほんとうに欲しいものをつくるというのがとても嬉しく感じていました。私はこういうことをしたくて編んでいるのかも、とか思ったりして。

まだ不燃物用など、欲しいバッグがありますので、同じ糸で順番に編んでいきたいと思います。