ニットカフェ

編みものの魅力

12月1日土曜日は、ウーマンスタイルおしゃべりcafeの手芸部でした。

あいにくの寒い寒い日になりましたが、毛糸選びから皆さんの熱を感じ、
楽しくなりそうな予感。

それぞれ、好みの糸やデザインを選んでつくるっていうのは、楽しさも増すみたいですね。
まわりの人が自分とは違うものを編んでいるので、
あの糸だとあんな感じになるのか〜とか、かなり参考にもなりますし。

私はなるべく、それぞれの方に合ったアドバイスができるようにと思っていますが、
人へのアドバイスも、わりと参考になったりします。
みんなで編むというのは、いろいろなメリットがあるなと実感しました。

お一人の方が、メビウス編みというのに挑戦されていました。
実は私、知ってはいたのですが自分で編んだことがなく、
最初の作り目のところから違うことをしてしまい、とてもご迷惑をおかけしてしまいました。
本当に申し訳なかったなと、大変反省しています。申し訳ありませんでした。

これはいけないと、帰って棒針のことを調べていたら、新しい発見もいろいろありました。
本だけはたくさん持っているので、片っ端から読んでみたり。
そして、久しぶりに自分も棒針でいろいろ編んでみたくなりました。

私はどちらかというとかぎ針の方が好きなのです。
編み方や、できあがりの形の自由度が高い気がするので。

でも編みものも進化しています。
棒針で輪に編むのは、4〜5本も針を使うのでとてもやりにくかったのですが、
いろいろな輪針の出現で、状況も変わってきました。
輪針をうまく使えば、靴下なども本当に編みやすくなるので、久しぶりにやってみたいかも。

年齢や経験とともに、自分の好きなものが固定されていくのは寂しいこと。
気づかぬうちに、そうなってきていた自分に、思い切り気づかされた経験でした。

これもみんなで編む「手芸部」の効用かも。
編みものをみなさんと共有できることに、とても幸せを感じた一日でした。
どうもありがとうございました!
次回は12月22日土曜日の予定です。