好きなこと、やろう

先日の「夏マルシェ」用につくった編み図を、今朝ぼんやりながめていて思ったことを、書いてみたいと思います。

この編み図レシピは、Adobe Illustrator というソフトでつくりました。プロのイラストレーター、グラフィックデザイナーが使っているものです。

とてもたくさんの機能がある素晴らしいソフトですが、私が使っているのはそのごく一部。でも、一応それを使ってこれを書いています。

結婚してからは内職しかしたことがなく、パート勤務も一時的なものしかしていない私が、なぜこんな大それたソフトを買って、やっていたのだろう?と不思議です。
しかもこれだけではなく、WEBにも興味を持って、そちらにもソフトやら本やら、たくさんのお金と時間を使いました。

私は二十数年前に結婚を機に故郷を離れました。実家も遠く友人もいない都会。慣れない生活になんとか適応しながら、つまづきながらも子育てしていた専業主婦でした。
人と会うのも億劫になり、毎日、満たされない気持ちを他の人のせいにして、主人にも文句ばかり。
そんな毎日でも、自分の好きなことには何とかお金と時間を捻出していました。そういう自分勝手さはあったのですね。わがままな性格ですよね。

先もわからない、それでお金を稼ぐという保証もないときに、パソコンを買い、高額なソフトを買い、好きな手芸の本は運命を感じるとか言い訳しつつ買いあさり。日々の不満をそれで解消していたというのが本当のところでしょう。

なぜやっていたのかというとただ「好きだから」。

今、子どもたちも手を離れつつあり、自分の自由な時間があることに幸せを感じています。そして、やりたいことをやらせていただける環境を与えてくださる方々にも、心から感謝しています。

「できる?」と言われて「やります。やらせてください。」というときに、100%の確証はないのだけど。すごい自信があることなどないのだけど。それでもやりたいと思ったらそれを掴んできたのかもしれません。

写真の編み図レシピをみていたら、今までのいろいろなことがつながっているんだなととても実感しました。
やってきたことが、今の私をつくっている。

もちろん、まだ何者にもなっていないし、実績などないのですが、幸せだなぁと感じる時間をすごすことができるのも、やはりやり続けてきたからなのかなと感じました。

私の場合、続けてきた理由はただ、好きだから、です。  

数年前から、人はみな、もって生まれた使命があるのだろうと感じています。自分の使命がわかるだけでもすごいことですね。もしもわからなくても、その使命へ近づくヒントが、好きということではないのかな?と思います。
理由はなく、でもそれをしていたらただただ楽しい。そういう感覚を大切にしたいです。

夢を持っている方、でもどうしたらそれに届くのかわからない方に。

好きなことを、とにかく続けるといいと思います。たくさん好きなことがある方は、そのたくさんのことを時間の許すだけやりましょう。
一つに絞る必要はないです。いつかそれがつながって、あなたの武器になる!と思います。

私の個人的体験からの考えですが、ひょっとしてどなたかの背中を押すことができたらとても素敵なことだなと思い、書いてみました。
ここまでお読みくださった方、どうもありがとうございました!

Back to Top