日々のこと

ミニショール編みました

細い糸で、ミニショールを編みました。

ネット編みと、一方の端にちょっとデコラティブな模様。尊敬する下田直子先生のデザインです。糸はパピーのセナペ。リネンとシルクの混紡で、ちょっと太さの幅がある素朴な雰囲気。推奨の号数はたしか2号ぐらいだったかなと思いますが、私はこれは5号針で編みました。

ネット編みは、編むのはとてもかんたんでシンプルなのですが、揃えて編むのが難しいんです。なので、ちょっと避けてきましたが。。このデザインをどうしても編んでみたくて、少し幅を広げてショールにも使えるように、編んでみました。

号数を大きくしてゆるゆるにしたら、さらに編み目は揃わなくなりますが、、リネンの張りを生かす目的もあって、ゆるい編み地で編んでみました。

こういう、ちょっとスカスカな編み方だと、仕上がりのアイロンは必須ですね。それで形がわりと整うと思います。

私流の、スチームアイロンのやり方は下記の過去記事をごらんください。

アイロンで仕上げるやり方 私の場合こつこつと編みものを編んで、やっと仕上がった!という至福のとき。 でも、糸によっては仕上がりが、くしゃっとなってしまうものもあります。...

いろいろと、気づきがありました。久しぶりに、純粋に編むのが楽しかったです。私はどんどんシンプルな方向に行くのかもしれません。。単純な繰り返しが一番楽しい。

繰り返しを編むことで、無になれる。心配ごとや考えすぎることを一旦やめさせてくれる、ありがたい時間です。考えすぎても、いいことないとわかってるんですけどね。

このふち編みは大好きです。かわいいけど、ちょっと大人っぽい。お気に入りリストに入れて、また応用して編んでみたいです。
だいぶ前の本ですけど、情報をのせておきますね。