日々のこと

久しぶりの服づくり

自己流ではじめて服をつくったのが、たしか高校生のとき。ブラウスをつくってみたけど、できあがりが気に入らなくて一度も手を通さなかったような。布の素材感が思ったのと違う!と、とてもがっかりした憶えがあります。テキスタイルも含めて、服づくりはとてもむずかしいですね。

先日から家の中を少しずつ整理していて、服もいろいろとばっさり処分。そうしたら、家の中で着るものはそこそこあるけれど、外に着ていくものがない!そして、いつか作ろうと思って買いためた布はたくさん。これはもう、腹を決めてつくるしかない!と重い腰を上げました。

糸で編むのと同じように、出来上がりをイメージして布やパターンを選びます。だけど、糸と違って布はあまり扱い慣れていないので、イメージと現実が合わないこともたびたび。特に、布の厚みが大きなイメージのずれを生むような気がしています。

売るためではなく、自分が着るためのものなので、深く考えずとにかく手を動かせばいいのに。ああでもない、こうでもないと、始めるまでに時間がかかっております。布にはさみを入れるのも、失敗したら大変とすごく考えてしまい。もっと気軽に、いつも着るものを自分でつくれたらいいなと、それが理想なのですが。

 

ずっと以前、もう10年ほど前でしょうか、服作りに凝っていたことがあり、そのとき作った服がまだいくつか残っています。服としては使えなくても、ほどいてバッグにしたり、小物にしたり。布自体がとても好きなものは、そうやって残してリメイクしたい。そう思いながら、なかなか手が回らずにいました。

ちょっと写真がぼけてますが、こんな感じの、かわいいデザインの服。年齢に沿った服ではなく、年齢不詳の服を着たいとずっと思っていますが、なかなか難しい。このデザインは、今の私にはとても無理と思うので、リメイクしたいと思います。

ミシンを出す場所を思うと、つい億劫になるけれど。本当に気に入った服を毎日着ていたいと思う。価格的にも、やはりつくったほうが経済的なので、がんばってみます。