日々のこと

似合う服がつくりたくて

初めてミシンを使ったのは、小学4年ぐらいのとき。母に教えてもらいながら、小さなポシェットを縫いました。自分で形も考えて、ひもに赤いテープを使って。そのときの布の柄も憶えてます。できあがったときはとても嬉しくて、そのころはいつもそれを持っておでかけしてました。

で、初めて自分でデザインした服を縫ったのは高校生のとき。どこかからパターンを探してきてアレンジして、白いブラウスを縫いました。今のようなおしゃれな布はなくて硬い硬いブロードだったので、まるで制服のようなブラウスになってしまった。とってもがっかりして、たしか一度も着ていない気がします。

パッチワークや編みものにはその後もどっぷりとハマっていたけど、洋裁にはどこか苦手意識があったのは、その高校生のときの記憶が忘れられなかったからかなと思います。ちゃんと着られるものをつくるためには、ソーイングのスキルはもちろんのこと、布の質感や厚みなどのいろいろな要素をちゃんと理解する必要があるんだなーと、つくづく思います。

自分の着るものは、かんたんなワンピースやチュニック、パンツなどを縫っているけど、ほんとはもっともっとうまくなりたい!と思っています。イメージしたものを、そのとおりにつくりたいと強く願っているけど、、それが本当に難しいことだというのもわかっていて。

 

先日、お友達を誘ってソーイング教室に行ってみました。f.i.e*flaxさんで大人気の、nuno to kami さんのお教室。布を選んで、パターンも選んで。
とっても楽しく、ずっと顔はほころんだままで、ニヤニヤが止まらなかった私。もちろん、先生方のおかげでちゃんと仕上がりました!

帰ってきて、自分の持ってる服と合わせてみたりして楽しんでいたとき、ふと思いました。ちゃんとできあがる安心感が大切なことなんだなーと。

洋裁は、せっかくつくったのにとても着られないようなものができることもあって、それはほんとにへこみます。時間も手間もかけて、着られないものができたときの悲しさといったらないですよね、お金も無駄にしちゃった、とも思ってしまうし。

でも先生がいれば、私のスキルでもなんとかできあがるし、失敗も少ない。先生がつくったパターンだから、安心だし。そういう安心感があるから、教室のリピートの方も多いんだろうなーと思います。ちゃんと着られるものができあがる、というのは本当に嬉しいですよね。

洋裁に自信がない方も、ぜひ一度参加されてみたらいいなーと思いました。私もリピートする予定です♪ お教室の詳細は、先生方の Facebook か Instagram をごらんくださいね。

nuno to kami Facebook Instagram

1日コースのときは、f.i.e*flax さんの美味しいランチも付いてますよ♪

年齢的にも、自分に似合う服が年々難しくなってきています。欲しいものがどこにも売っていない、もしくは、とても高い!

自分の好きな感じのもので、しかも似合うもの。ハードルは高いのですが、そういうものをつくれるように、ソーイングにも時間を使っていきたいなーと思っています。